機缶健康保険組合

引き続き当健保組合に加入したいとき

 

 退職すると翌日から健康保険の被保険者の資格を喪失しますが、退職の日まで継続して2カ月以上被保険者であった人は、申出により退職した後最長2年間は引き続き任意継続被保険者として健康保険に加入することができます。

 下記の書類に必要事項を記入し、資格を喪失した日から20日以内に当健保組合に申出てください。

 なお、平成22年4月1日から、倒産・解雇などによる離職(雇用保険の特定受給資格者等)や雇い止めなどによる離職(雇用保険の特定理由離職者)により、失業者となった人が安心して医療にかかれるよう、市区町村が運営する国民健康保険制度において国民健康保険料の軽減制度が創設されています(要届出)。
※事業主及び総務(人事)ご担当者様は「国保軽減制度について」を該当される方へお渡しください。

 任意継続被保険者の加入を検討される場合は事前にお住まいの市区町村にお問い合わせのうえ、ご検討ください(詳しくはこちら) 。



手続き  
 

手続書類:

1.

「任意継続被保険者資格取得申出書」

2.

個人番号(マイナンバー)をご記入いただけない場合は本人確認として「住民票謄本原本(本籍省略)」又は、「運転免許証の両面の写し」等を添付すること。

3.

第1回目の保険料

4.

被扶養者(異動)届
(被扶養者がいる場合)

>>被扶養者の認定についてはこちら

※資格を喪失した日から20日以内に提出してください。


? 保険料は?

 任意継続被保険者の保険料は、退職したときの標準報酬月額か、当健保組合の前年9月30日現在の全被保険者の平均標準報酬月額のいずれか低い額に保険料率をかけた額となります。なお、保険料はこれまで事業主が負担していた分を含めて全額を被保険者が負担し納めることとなります。
 また、40〜64歳の人は介護保険料も併せて納めます。

当健保組合の保険料率はこちらをご参照ください。 >> 「保険料月額表」



? 保険料の納付期限は?

 当月分の保険料を、その月の10日までに納付します。納付がない場合、納付期日の翌日に任意継続被保険者の資格が喪失しますのでご注意ください。
 また、前納制度もあり、半年単位、1年単位で納める場合は複利現価法による年4%の割引があります。
 ただし、前納の期間中は原則として国民健康保険や家族の健康保険制度の扶養家族に切り替えができないため、前納制度を選択される方は十分ご検討ください。

〔保険料の前納〕=1年度(4月〜3月)、あるいは半年度(4月〜9月・10月〜3月)単位で、この場合は年利4.0%の複利現価法により割引

 


? 受けられる給付は?

 退職前とほぼ変わらない保険給付を受けることができますが、傷病手当金及び出産手当金は支給されません。
 ただし、資格喪失後の継続給付に該当する場合は、資格喪失後の傷病手当金・出産手当金として受けることができます。

 


? 任意継続被保険者の資格がなくなるときは?

(1)

資格取得日から2年を経過したときはその翌日

(2)

死亡したときはその翌日

(3)

保険料を納付期日(原則毎月10日)までに納めなかったときはその翌日

(4)

就職などで被保険者資格を取得したときはその日

(5)

船員保険の被保険者となったときはその日

(6)

後期高齢者医療の被保険者となったときはその日

(2)、(4)、(5)及び75歳未満で(6)に該当(65歳以上で一定の障害のある状態となったとき)の場合は、当健保組合へご連絡ください。


手続き  
 

(2)〜(5)の理由で喪失する場合は、すみやかに当健保組合に申出ください。

提出書類:

1.

保険証(機缶健康保険組合発行の)

2.

新たに交付された保険証の写し



インデックス ページの先頭へ
COPYRIGHT©2011 機缶健康保険組合 All rights reserved.