機缶健康保険組合

柔道整復師にかかるとき 現金給付

 

 外傷性が明らかな骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉ばなれのとき、健康保険でかかれます。(内科的原因による疾患は含まれません。また、いずれの負傷も慢性的な状態に至っていないものに限られます。)
 この場合、建前は本人が代金を支払い、あとで払い戻しを受けることになっていますが、受領委任の協定ができているところでは、保険医にかかるのと同じように保険証を持参してかかれます。
 ただし、骨折または脱臼については、応急手当の場合を除き、医師の同意が必要です。



インデックス ページの先頭へ
COPYRIGHT©2011 機缶健康保険組合 All rights reserved.