機缶健康保険組合

健康診断のご案内

 


 当健康保険組合では、被保険者および被扶養者の皆様の健康保持・増進、病気の予防と早期発見のため、健康診断を実施しています。
 また、平成20年4月1日より、高齢者の医療を確保に関する法律に基づき、医療保険者には、40歳〜74歳(年度末年齢)を対象に、メタボリックシンドロームに着目した、生活習慣病を確実に予防する「特定健診・特定保健指導」の実施が義務化されました。
 つまり、40歳〜74歳の被保険者・被扶養者は加入先の医療保険者が実施する、特定健診・特定保健指導を受けていただくことになります。
 なお、事業主には、労働安全衛生法に基づき、従業員全員に対し定期健診を実施する義務もありますので、平成20年度以降の健診は、被保険者の受診項目には特定健診に労働安全衛生法に基づく健診項目をプラスし、1度で2つの健診が実施できるようにしています。



● 契約医療機関で健康診断を受ける場合


1.実施時期および注意事項

◆年間を通して受診できます。

◆健診の補助は、年度内(4月〜翌年3月)1人1回ですから、重複して健康保険組合から補助を受けることは出来ません。

◆40歳以上75歳未満の被保険者および被扶養者の方は、特定健診の対象者ですから、特定健診の検査項目を含む健診を必ず受診してください。

◆二次検査の組合補助はありませんが、一次検査で異常が見つかり、病気が疑われるときは、保険診療の対象になります。


2.予約方法

◆契約医療機関に、受診する健診の名称、当健康保険組合名、契約区分を告げて予約してください。

◆一般健診と生活習慣病予防健診は、巡回検診車にて合同で実施することができますので、ご希望の場合は医療機関に直接お問い合わせください。

◆契約区分

  一般健診 生活習慣病
予防健診
人間ドック
組合直接契約
東振協契約
健保連契約 × ×

3.申込方法

◆予約が確定しましたら、受診前に申込書を当健康保険組合総務課宛にご郵送ください。 >>申込書はこちら


4.健診区分と受診者負担額


  対象者 受診者
負担額
備考
一般健診 40歳未満の
被保険者
全額組合負担  
生活習慣病予防健診 30歳以上の
被保険者・被扶養者
2,000円  
人間ドック 40歳以上の
被保険者・被扶養者
10,000円 受診者負担の10,000円を差し引いて30,000円まで補助
特定健診 40歳以上の被扶養者・
任意継続被保険者
1,000円 東振協契約の医療機関で実施
特定保健指導 特定保健指導の該当者 全額組合負担 東振協への委託により実施

◆人間ドックの健保組合補助額計算例

例1  人間ドックの費用が40,000円の場合※
40,000円−10,000円(受診者負担額)=30,000円の補助
例2 人間ドックの費用が35,000円の場合※
35,000円−10,000円(受診者負担額)=25,000円の補助
例3 人間ドックの費用が40,000円以上の場合は、30,000円の補助※

※30,000円が補助限度額となり、受診者負担額10,000円を引いて組合補助限度額を超えた額は受診者の負担になります。

◆組合直接契約・健保連契約ドックで婦人科検査を追加する場合

  • 人間ドックの費用の総額(基本料金+ 婦人科検査料)−10,000円(受診者負担額)のうち30,000円までが組合補助
  • 婦人科検査は子宮細胞診および乳房診(視触診・マンモグラフィ・超音波検査)となります。
  • これ以外のオプション検査は全額受診者負担となります。

5.受診者負担額精算

◆受診者負担額は、受診者本人が当日医療機関窓口にてお支払いください。受診者負担が複数名の場合は医療機関より事業所へ請求することも可能ですので、事前に医療機関にお問い合わせください。


6.健診機関一覧表

組合直接契約医療機関はこちら

※「医療法人財団 岩井医療財団 メディチェック画像診断センター」は契約解除となりました。

※「医療法人社団 三田国際ビルクリニック」は東振協契約に変更となりました。

東振協契約医療機関はこちら

健保連契約医療機関はこちら


7.各種健診・検査項目一覧表

東振協契約医療機関 検査項目一覧表はこちら

健保連契約医療機関 検査項目一覧表はこちら

◆健康保険組合直接契約の医療機関は多少検査項目が異なる場合があります。


8.健診結果の取り扱い

◆受診者本人には受診した医療機関(東振協契約の場合は東振協)から健診結果票が送付されます。

◆当健康保険組合から、健診結果表の写しを希望する場合、受診者本人の同意書と健診結果報告書発行依頼書が必要となります。
>>申請書はこちら



● 春季・秋季婦人健診を受ける場合


>>婦人健診のご案内はこちら

1.実施時期および実施要領

◆30歳以上の被保険者及び被扶養者を対象に(一社)東京都総合組合保健施設振興協会(以下「東振協」という)の委託医療機関が、各地の健診会場ごとに期間を設定して実施します。

◆春季婦人健診・・・4月〜7月頃

◆秋季婦人健診・・・10月〜1月頃


2.健診申込方法

◆「春季婦人健診は毎年11月中旬」・「秋季婦人健診は毎年6月中旬」までに被扶養者(家族)の対象者には、ご案内を直接ご自宅に送付いたします。なお、被保険者(本人)の対象者には従来通り、ご案内を事業所宛に送付いたします。
健診会場を選択し「婦人健診申込書」に必要事項をご記入のうえ当健康保険組合総務課宛に申込期間内にご郵送ください。当健康保険組合のホームページからもダウンロードできます。


3.受診者負担額と支払い方法

◆受診者負担額は、1人につき2,000円です。

◆平成29年度からは、受診した「健診機関」が請求することになり、支払い方法も健診会場ごとで異なります。詳しくは、ご案内をご覧ください。


4.受診方法

◆委託医療機関から実施日2週間前までに、ご自宅へ案内書等が送付されますので、案内書に記載されている受診日に健診会場で受診します。


5.健診項目

◆問診・計測(身長・体重・腹囲・BMI)・視力・血圧・聴力・胸部X線・検尿・心電図・胃部X線・生化学的検査・血球検査・便潜血反応・乳房診(超音波診断法・自己検診法指導)・子宮細胞診(自己採取または医師採取)

※健診の補助は、年度内(4月〜翌年3月)1人1回ですから、重複して健康保険組合から補助を受けることは出来ません。。



● 契約医療機関以外で健康診断を受ける場合 


1.実施要領

◆契約医療機関での健康診断が困難な場合、契約医療機関以外で受診した健康診断に対して補助金を支給します。なお、健診の補助は、年度内(4月〜翌年3月)1人1回ですから、重複して健康保険組合から補助を受けることは出来ません。

◆医療機関に予約後、申込書を受診前に健康保険組合総務課宛にご郵送ください。
>>申込書はこちら

◆40歳以上の方は、特定検診の検査項目を含んだ健診を必ず受診してください。含んでいない場合は補助の対象外になりますのでご注意ください。
>>検査項目はこちら(東振協の検査項目を参照)


2.健診区分と組合補助額


  対象者 受診者
負担額
組合補助金
一般健診 40歳未満の
被保険者
なし 3,500円まで
生活習慣病予防健診 30歳以上の
被保険者・被扶養者
2,000円 (受診者負担額2,000円を差し引いて)10,500円まで
人間ドック 40歳以上の
被保険者・被扶養者
10,000円 (受診者負担の10,000円を差し引いて)30,000円まで

◆人間ドックの健保組合補助額計算例(生活習慣病予防健診も同様)

例1  人間ドックの費用が40,000円の場合※
40,000円−10,000円(受診者負担額)=30,000円の補助
例2 人間ドックの費用が35,000円の場合※
35,000円−10,000円(受診者負担額)=25,000円の補助
例3 人間ドックの費用が40,000円以上の場合は、30,000円の補助※

※30,000円が補助限度額となり、受診者負担額10,000円を引いて組合補助限度額を超えた額は受診者の負担になります。


3.補助金の請求

◆受診当日に健診費用の全額を医療機関の窓口にお支払いください。

◆契約外医療機関補助金請求書に、領収書・請求明細書・健診結果票一式(総合判定でなく、受診項目のすべての検査数値が記載されたもの)・問診票または質問票(年度内40歳以上の方のみ)のコピーを添付して組合までご請求ください。

◆年度内40歳以上の方の健診結果については連名簿ではなく、各個人ごとの結果をご提出ください。

◆補助金の請求は年度内(4月〜翌年3月)にお願いします。

◆申請書類に不備があった場合、補助金が受けられないこともありますのでご注意ください。
>>請求書はこちら

※健診の補助は、年度内(4月〜翌年3月)1人1回ですから、重複して健康保険組合から補助を受けることは出来ません。。

● 特定健診を受ける場合 


1.実施要領

◆40歳以上の被扶養者及び任意継続被保険者を対象に(一社)東京都総合組合保健施設振興協会(以下「東振協」という)の委託契約医療機関で実施いたします。


2.実施期間


◆年間を通して受診ができます。


3.健診申込方法

◆東振協契約特定健診医療機関一 覧をご覧いただいて、お近くの契約医療機関をお選びいただいてから契約医療機関に当健康保険組合名と契約形式(東振協契約のE コース)を告げて直接予約をしてください。

>>東振協契約特定健診医療機関はこちら

◆予約後、特定健診申込書をダウンロードしていただき必要事項を記入のうえ、当健康保険組合総務課宛にご郵送ください。

◆インターネット等の環境が困難な場合は、当健康保険組合総務課まで、お問い合わせください。

>>申込書はこちら



4.受診者負担額と支払い方法

◆受診者負担額は、1,000円です。

◆受診当日に医療機関の窓口でお支払いいただきます。


5.受診方法

◆受診前に当健康保険組合から案内状と受診券を受診日前に受診者住所へご郵送いたしますので、受診当日、受診券を持参のうえご受診ください。

※健診の補助は、年度内(4月〜翌年3月)1人1回ですから、重複して健康保険組合から補助を受けることは出来ません。。

COPYRIGHT©2011 機缶健康保険組合 All rights reserved.